カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

株式会社 安理ジャパン

あんりジャパン

新規原料の開発

当社では新規原料を開発しています。今回は、プラチナを利用した発酵エキスを開発しました。プラチナはもともと触媒として利用されていますが、発酵に利用することは当社が初めてと考えています。 プラチナは還元作用が強いため、発酵工程で産生された酸化物質がプラチナにより還元されて発酵エキスの安定性が高くなります。安定したプラチナ発酵エキスは品質的にも安定し、その働きが維持されます。いろいろなプラチナ発酵エキスを開発しています。オーダーメイドも可能です。メール anrijapanco@yahoo.co.jp に ご連絡いただければ、開発を検討いたします。 by 店長

ブタ脂肪細胞順化培養液

ブタ脂肪細胞順化培養液を新しく開発いたしました。アサイヤシ発酵エキスを培地として血清や合成培地などを培地には添加せず、安全性に配慮しています。以上

2017年も終わります 今年の成果

今年もありがとうございました。特許も、出せましたし、特許になりました新しいエキスもあります。

来年も、頑張って生きます。よろしくお願いいたします。

特許権利化

ダイエットと血流を改善する新しいエキスが特許権利化しました。 出願から3年以上かかりましたが、やっとです。 このエキスは世界で初めてのカフェ酸です。 もともと、コーヒーに入っているカフェ酸ですが、新規原料として認められました。 血管拡張作用により脂肪の分解が促進されます。

発酵スクラロースの継続販売

当社では、2005年から発酵由来のスクラロースを継続販売しております。これは、サトウキビなどの糖質から発酵法により得られるスクラロースです。 是非、天然由来のスクラロースをご利用ください。

マイクロデトックス マイクロオーガニックという考え

マイクロデトックス   Micro-Detox

微生物による浄化作用を利用した食品原料/化粧品原料のデトックスシステムのご紹介。

Microorganism-derived Detoxification (Micro-Detox)

目的 : 環境中の有害物質、自然界に存在する毒素は、微生物により分解されて無毒化(Detox)されている。そこで、積極的に微生物を食品や化粧品原料の製造に利用する。

方法 : 土壌中から食用に利用できる有用菌を採取する。これを用いて原料の有害物質や毒素の分解を実施する。これにより、安全な原料を提供することができる。

応用例 :

マイクロデトックス的オーガニック

オーガニックや有機は化学物質を利用しない、または、3年程度、化学物質や農薬を利用していない圃場である。この3年間の放置により生じる反応は、微生物的デトックスそのものである。つまり、化学物質を分解しているのは、微生物である。マイクロデトックス的オーガニックでは確実に化学物質を分解してオーガニック原料を大量に製造する。

アレルギー物質の分解

食品や化粧品の有害反応の大半はアレルギーであることからアレルギー物質を分解して安全性の高い原料とする。

毒素のマイクロデトックス

ボツリヌス毒素、ハチ毒素など化粧品原料として利用されているものの、その安全性は懐疑的でリスクを伴う。毒素の利用と安全性を担保し、かつ、働きも維持させるために、毒素をマイクロデトックスし新規原料とする。以上

あんり美容ジェル

防腐剤を使用しない無添加美容ジェルがやっと完成しました。。

実験データもなんとか間に合いました。 

うれしいです。 だから、無料でプレゼントします。

うれしさのおすそわけです。 店長

二酸化炭素の減少

二酸化炭素を減少させることが、必要な状況にあります。 当社では、二酸化炭素を吸収し、エネルギーに変換する方法を独自に開発中です。 特許を検討中ですので、詳細は、後日に。 お待ちください。

空を見上げて。

空を5分間も見続けることは、ありません。 そのまま、地上を見ると、地上は空の下の端であると感じます。 空、宇宙は地球より上の空間すべてです。 宇宙に眼を向けて、飛び出していれるくらいの技術と力がほしいものと思います。 こんなことを考えられるのは、余裕かあるのでしょうか?  地球と人類に、余裕はあるでしょうか?  戦争・飢餓・自殺・犯罪・病気・・・。。  安理ジャパンは、少しずつでも、地球上が住みやすくなることを祈っています。

科学的証拠を有すること

サプリメント、化粧品、日用品であっても、証明や証拠は必要になります。 世間の情報は一部の俗説であることが多いものです。  「あんりのショップ}では、安全性と効果について科学的な証拠を用意しています。  証拠が必要な場合には、いつでも、ご連絡ください。 店長 鈴木

ページトップへ